水野育美 略歴

 初めまして、清水区で働きながら作陶している水野育美です。

日本の季節の動植物をテーマに、くらしを楽しくする彫刻・

陶芸の作品を作っています。

不定期で教室も行っています。

手作りの楽しさや、日本の風土が育む四季の美しさ・愛おし

さを表現できたらと思います。

 

1996 静岡県立清水南高校芸術科卒

2000 筑波大学彫塑展(新宿パークタワー)

2000 筑波大学芸術専門学群美術科彫塑専攻卒
2000 県内高校美術科講師
2000 2001 静岡県芸術祭入選(立体の部)
2001 日本平美術館作品展示
2006 2008 陶楽房にて展示販売
2010 なかねおちこちの会(三郷文化会館)

2013~くらしを彩る糸遊展・楓里展など参加

2015~2017  ギャラリーテルサ 個展

2016~武蔵野大学通信教育学部 心理学専攻 臨床発達心理コース在籍
    

お問い合わせ先 水野育美 ikumi40goo@mail.goo.ne.jp

 

粘土制作に対する思い

 

私は高校・大学と芸術学部で彫刻を勉強し、木・石・ブロンズ等様々な素材を扱ってきました。

その中でも粘土・陶器が持つ可塑性(自由に盛り付けたり削ったりが出来る)に魅かれ、卒業後も働きながら作品の制作を続けてきました。
 粘土を焼成して作る陶器という素材はとても魅力的です。水の加減で誰でも手で簡単に形が作れる様になります。

焼成する事でそれを10年、20年と長く残す事が出来ます。


 長年粘土での制作を続けて来ましたので、その魅力をより多くの方に楽しんでいただきたいと考え、

近年では小さな粘土教室を行い、幼稚園のお子様の親子づれやご年配の方まで、幅広い層の方に参加していただいています。


 粘土で自由に好きな作品を作るという事がとても楽しく、日頃のストレスや悩み事も少し和らぐ様子です。

様々な経験から粘土という素材には心身のバランスを整えて癒してくれるとても大きな力があると実感し、

近年では医療や福祉の現場でその力を活かす事は出来ないかと考える様になり、より現代への必要性を実感しています。
 

 近年では随分と区画整理が進み、子供も大人も土や泥で思いっきり遊べる場所や機会が減少しているのではないかと思います。

アレルギーや心身症・心の病の患者数が増えているのもこういう体験が減少している事も原因ではないかと考えられています。

 

また、食べ物から住む所まで、多くの既製品に囲まれて生活するのが当たり前になってきました。

納得いくまで自由に造形したものを大切に使うという体験は、少々不格好でも愛情をこめて作ったものは美しいという美意識や感性を育んでくれるのはないかと思います。
 造形教室を通して大人にも子供にもより多くの方に「土で遊ぶ」という楽しさを知ってもらいたいと考えています。

 

現在通信制の大学で発達心理学の勉強中、

ゆくゆくは芸術と心の関係を学び、楽しく粘土遊びをしながら心のバランスを整え、親子関係の改善や、心のストレスの軽減などが出来る芸術療法を行えたらと考えています。